北折一ブログ

2018年12月04日

がっかいがっかり…?その1

はじめにお断りしておきますが、とってもいい学会でしたよ、本当に。
素晴らしかったです。なのに、がっかりもあったのです。
「よりよい教育とは」を語り合い学び合う場なのに、なんなの?と思っちゃうような。

日本中から保健教育と保健教育「学」の専門家が集まる、日本学校保健学会の学術総会。
その第65回は12月1〜2日、ぼくの大好きな大分で開かれました。大会長は、やはりぼくの大好きな大分大学の住田教授です。
なんとぼくがガッテンを始めるよりもはるか前から、NHKの番組がいかに子どもたちへの教育に効果が高いかにちゃんと着目され、使えそうなあらゆる番組をチェックし、正規のルートを経て画像や動画をゲットして教材を作り、小中高校の先生が使いやすいようにアレンジをしてくださってた、神様のような人です。
なのに、ぼくが大分県内に講演に行った際にはわざわざ聴きに来てくださった上に、送迎までしてくださる、めちゃ気さくで、しかもかわいいところのある大御所さんなのです。
直接は確認していませんが、住田教授は、この学会そのものにも新しい風を吹かせなければダメだという意識がとても高かったことと思います。その思いが強すぎて気持ちが焦ったのか、なんとオープニング記念の大会長講演を、間違えて10分早く始めちゃって、しかもあり得ないことに「座長」の登壇もすっ飛ばして(こうした学会では、ひとつひとつの講座ごとに必ず「座長」という立場のえらい人がいて、演者を紹介して始める習わしになっています)、1人でしゃべり始めるという大失態。途中で客席から声がかかり係員が話を中断して座長登壇という、たぶん過去日本国内では一度も無いようなことをしでかしちゃったりするほどの、「並々ならぬ決意」だったと、ぼくは解釈しています(マジかわいかったです、事態を把握したその瞬間)。
今回の学会の「新しい風」、を象徴するような写真がこれ。
学校保健学会の3人.jpg
なんと10年前に、ガッテンのスタジオに見学に来てくださった、当時岡山大学歯学部の岡崎先生と、兵庫県立大学の永井先生。この3人ともが、学術大会の登壇者なんですよ。ありえます?10年前のガッテンスタジオ3ショットが学術大会そろい踏み!!
しかも、このほかに、西日本新聞社の超名物編集委員で、やはり大好きな佐藤弘さん。そして、NHKからはもうひとり、ガッテンの後輩だった市川ディレクターも。
「同一分野の専門家だけの視点では教育も研究もダメになる」、というめちゃ明確なメッセージですね。
当然のことながら、「やっぱマスコミ人はチャラいよね」という評価で住田教授の名誉を傷つけてはいけませんので、ちゃんと品格を保ったまま(?)、教授につけていただいた「健康番組制作の〈眼〉からみる健康教育に求められる発想」というカッチリしたタイトル通りの内容で、ギャグ満載でお話しさせていただきました。
20181201_171647.jpg
(すみません、ぼく自分の写真撮らないので、誰かに送ってもらわないとありません。写真は、佐藤弘記者の時にぼくが撮ったものです。)
280部刷った配布資料が全然足りなかったそうなので、ゆうに300人を超える方々にも、おかげさまで大ウケでした。たぶん当学会史上初の会場いっぱいの笑い声の連続。
用意されてたぼくの著書112冊が、ホントあっという間に完売!!(まだ30〜40冊は行けたと思います。買えなかった人ごめんなさいm(__)m)でしたからね。集まられた方々にとっても、しっかり役立つお話ができたと思います。

…ではあったのですが。。。。

やはりたぶん、当学会始まって以来だと思います。わざわざ「それ用」のスライドまで作って、最後から2枚目のところで、ぼくはこの学会に対する批判の言葉を、ぶちまけました。
しかも、オープニングの大会長記念講演直後の、特別講演(1)で、大会長自らが座長を務めてくださってる、そんな場で。
さて、その中身とはいったい!?
そしてその後に気づいてしまった、さらにガッカリしちゃったこととは?
…続きは、少し落ち着いてから書きますねー。
あ、すご〜くうれしかった、ぴちぴちなネタもあります。
posted by kitaori at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185139761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック