北折一ブログ

2019年03月28日

命のお洗濯。

年に一度。
もう14年も連続して出かけている、秋田・日本酒と温泉の旅。
これだけはNHKにいたときから、年にただ1回「自分のためだけ」に有休を使っていた大切な行事です。
(自分のためだけなんで、家族旅行でもなく)
もうね、全然どう書いても書ききれないほどの、ものすごーく濃いツアーです。
今年は、ついに「狛江で美味しい地酒を楽しむ会」の会長さんが、初参加。
限定4名で行ってきました。
秋田NEXT5の最終兵器・一白水成の福禄寿酒造さん
やはりNEXT5の良心と言われる春霞の栗林酒造さん
(あ、NEXT5というのは、日本酒熱烈ファン(あえてマニアとは書きません)ならほぼご存知の、秋田県のお酒の牽引役とも言える若手の蔵元さんのグループです。伝統的な杜氏制度とは全く違うお酒造りに取り組んでいて、とっても素晴らしいお酒を次々と出してます。詳しくは検索してね。)
そして、ぼく自身は初めての、NHKプロフェッショナルで話題沸騰・雪の茅舎の齋彌酒造さん
にもおじゃましました。
連れてってくださるお方が、秋田の日本酒の大御所さんですからねー。
各蔵元の杜氏さん社長さんから、普通じゃ聞けないディープなお話が聞けて、
そりゃもうすごいツアーなのですわ。
ほんと勉強になりました!!
何度目かの蔵は、毎回行くたびに、設備が進化しています。
よい蔵は、儲かった分をすべて、酒質向上のために惜しげもなく投資しているのです。
何よりもおもしろいのは、どの蔵でも「考え方」という言葉が、必ず出てくること。
一つ一つの細かな作業工程に、すべて「考え方」が込められてます。中には、20回くらい連発されてた社長さんも。すごいんですよ、そーゆーのが。
なんかね、自称日本酒マニアの中には、「伝統的な古い設備で、職人の勘を頼りに作っているイメージ」がないと許せないような人もいますけどね、違うんですよ〜。
どこまで設備が進化しても、人間が、人間の「思い」で、微生物と真剣に向き合って造っているわけですからね。
でも今回はどこも、建物そのものが明治・大正の建築で、無形文化財に指定されてるような、素晴らしいロケーションの中で、新しいお酒造りにチャレンジされてる蔵元さんです。
自分自身すご〜く贅沢だなと思うのは、そんな蔵元さんの思いを、そこのお酒を飲むたびに思い浮かべて味わうことができることです。銘柄信奉やスペックマニアの人よりも、断然おいしく飲むことができるのです。
まあ蔵元さんの案内も、HPやいろんな人のブログなんかで出てますからね。
お酒が気になる方は、蔵元さんの雰囲気も併せて検索してみてください。

例年は2月末に出かけているツアーなのですが、今回は約1カ月遅れ。
雪景色を楽しめるかどうか心配してたのですが、平野部の残雪はビックリするほど消えていたのに、山間部ではそこそこ残っていたうえに、きっちりぼくたちに合わせてくれたかのように、当日は美し〜〜〜く新雪が!!
20190325_092405.jpg
ホント毎回毎回、秋田を離れるのがめちゃ寂しくなって、泣きそうになるツアーです。
いつもながらの絶妙な湯温も、ホント命のお洗濯なのです。
(体は硫黄臭くなりますけどね。)
今回は、別角度の写真にしてみました。さてど〜こだ?
20190325_090355.jpg

はあ…。
働かなきゃね。さんざん飲んで遊んだからね。



posted by kitaori at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 罪滅ぼし、ツアー記