北折一ブログ

2018年07月09日

「カスタマイズ」

その日のお仕事は、早朝5:07の電車に乗ってさえも、研修会場近くの駅には10:18にしか着けない、兵庫県の山間部。研修開始が11:10だから、めちゃくちゃ危険なのです。
ダイヤが少しでも乱れたらアウト。寝過ごして乗り換えに失敗でもしたら完全にアウト。
移動中も怖くて眠ることができません。
ぼく通常は、1時間以上前に会場に入るのですが、今回の会場はすでに付随行事が始まっていて、パソコンとプロジェクターの接続テストもできない、恐ろしくバタバタの状況。
あ〜あ。こんな日に限ってねえ、深夜3:00にキックオフなんですよねー、ベルギー戦。
90分にハーフタイム15分足したら、アディショナルタイムがまったくなくても4:45。やばいじゃないですか!!電車は5:07だもん。アディショナルは前後半ともほぼ5分だし。
もちろん全部しっかり見ましたよ。日本男児ですから。試合終了の笛を聞いて、選手がへたりこんだ瞬間にテレビ消して家を出ましたが、あれがもし延長・PKだったら、ヤバかったですね。マジ遅刻するところでした。
で、その状況で、現地の駅に着いたら、駅舎の前にいるんですよ。やばいヤツが。
こんな怖いヤツが、将棋さしてる。
20180703_161446.jpg
まあ民俗学者の柳田國男の生家のある町ですからね。
「一緒に将棋指して撮るのがいいんですよ」と、お迎えのご担当者が2Sの写真も撮ってくれました。
でもぼく、じつはこいつの存在を事前に知っていました。

相手の心に届くプレゼンをするには、相手の心が、「何でもいいから動く」ことが、大切。
それには、「カスタマイズ」がめっちゃ簡単に使えるワザです。
すなわち、オーダーメイドで「あなたのためだけに!」、事前に手間ひまかけて「ご準備しときました」ですね。
ぼくは住民向けの講演会では、必ず何かしらやります。町名をもじったダジャレの時もあれば、町民の健康診断の結果データを分析したもののことも。
いずれにしても、口先だけではなく、ちゃんとスライドに作り込んでおくのがミソです。
でも、研修の時にはあまりしません。そもそも内容が、相手の仕事内容に合わせてめっちゃ毎回カスタマイズしてますから。
今回は保健師さん向けの研修会だったので、普段ならしないところなのですが、「スライドの作り方のコツを是非!」という強いリクエストがありましたので、ちょっとした出来心で用意してたんですよ。
こーゆーの(もう古くなった、PPAPをもじったやつですね)。
20180705_143346.jpg
そう、
「地元民ならみんな知ってる何か」を、「画像検索してぶっこむ」。
これが最も手っ取り早く、相手の心を掴みますからね。この怖すぎるカッパの存在は、とっくのとうに調べがついてるんですよ。(※画像は著作権で保護されている場合があります。)
でも、駅で将棋さしてることは見落としてました。
やや悔しい。
そして、会場に着いてすぐにはプロジェクターのチェックができないもどかしさ。
さらに言えば、事前に準備しといたPPUPのスライドが出て来るのは、予定では、昼休みを挟んだ、14:34頃。タイミング的には遅くて、ちょっともったいない。
こーゆー気持ちが一時に渦巻くと、めっちゃ考えるんですよ、ぼく。
最後の最後まで、少しでもいい方法は無いかと考える習慣を、「ためしてガッテン」の制作を続ける中で、志の輔さんから激しく学びましたからね。
それで作ったのが、このスライド。
20180705_152453.jpg
始まって69枚目。
午前の部に2つあるヤマ場のうちの、でかい方のヤマ場に合わせて。
「健康教育にあたっては、もっと演出家的な発想を加えるべきだ」、と冒頭でぶちかまして、そうした方がいい理由とそのやり方を具体的に解説し、さらには、「ぼく自身は住民向けにこんな話し方をしている」という実例を再現していくという流れの中で、
「ほらね。思いっきり説教臭い話も、タイミングを周到に計算して、『説教聞きたいモード』さえできていれば、めちゃ相手に響くんですよ」という話まで運んできて、「おおおお〜、なるほどすごいわ〜。プロはそこまで考えて構成してるのね〜」と、感心していただいたタイミング。
「でも私たちシロートには、なかなかそこまでは難しいかもな」…と思い始めるまさにその瞬間を見計らって、「で、どうしたら、そんな話の組み立てを思いつくことができるのか。方法があります。それは、これです。」とまで振ったタイミングで、ドーン!!と出て来る。
もちろん、「これさっき駅前で写した写真で」みたいな野暮なことは絶対に言いません。
地元民なら見慣れたキャラクターとともにそこに映し出された人物が、今目の前でマイク持ってしゃべってるのと同じ人物である、と気づくまでに一瞬のタイムラグがあったあと、「ええ〜?」「ええ〜!!」という声がたくさん上がりました。
そりゃ驚いて当り前ですね。
ぼくが駅に着いたのが10時18分。この写真が撮られたのが、10時21分35秒。そこから車で数分走って、10時半頃会場に入り、とりあえずお茶が出たり町長や課長と挨拶したり。で、11時にようやくパソコンのセッティングが始まって、11時10分のしゃべり始めまで、ず〜っとバタバタしてるのを、小さな会合だからみんなが知ってますからね。
「え、なんで?いつの間に???しかも、演技までしてるし!!」というのが、絶妙過ぎる時間帯に、絶妙過ぎる内容と文字で出てきますからね。
ここで大事なことは、これはぼくがプロだからできたのではなくて、
「考えたから」できた、ということです。
まあね、必死でしたもん。どこでどう使うのが一番いいだろうか!?!? ただ見せるだけじゃなくて意味を加えないと薄っぺらくなっちゃうし、どうしよう!?!? を、ああでもないこうでもないとスライドを見直し見直し、時間のない中、もんのすごく考えましたもん。

ちなみに、少し手の込んだこともしてあるんですよ。よく見ると、画面右上に小さく1158と書いてあるでしょ。
「あ、すみません。ちょっとここで残念なお知らせがありまして…。ここに小さく1158と書いてあるのは、11時58分にはここを通過しないと間に合わない、ということで…」という話をします。するとみんな一斉に時計を見て、「え、もう12時17分じゃん、全然間に合ってないし!」と、誰もが思います。
もちろん最初から計算ずくで、予定としては12:16通過だったのが、1分遅れくらいの感じ。
なんでそんな意味不明の演出が入るのか。
ネタバレになっちゃうからどうしよっかな。
まあちょっとだけ書いちゃいましょう。経験者の方は、「ああ、あれね!」とわかりますね。
「時間があればこの話をしようかとも思ってたんですけど…」と運んで、「休憩までの時間が2〜3分くらい伸びちゃうくらいだったら聴きたい人が多ければやりますけど、どうされますか?」と、聴講者の皆さんに尋ねるワケですね。するとかならず、めっちゃ大きくうなずいたり手を挙げたり拍手しちゃったりが起こります。
つまり、会場全体が「聞きたいモード」でぶわ〜〜〜っと覆われるわけですね。
まあそんなようなやり方が、「演出家的発想法」というわけです。
もちろんこの数字も、スタート時間やスライドの順番、お客さんのタイプや疲労具合予想などに鑑みて、毎回毎回カスタマイズしてますよ〜。
ぼくの場合、「プレゼンのやり方」をプレゼンしてますから、自分のプレゼンがイマイチだったら、「一発退場」どころか、永久追放です。「受け手の心理状況をよく読み、それをうまくコントロールするように構成を熟考して発信すべきである」とまで言い切ってますので、自分自身がそのお手本を示さなかったら、アウトですからね。そのプレッシャーは、人知れず巨大なのです。
だから、ホント言うと、完徹のベルギー戦の直後でも、心配なのは電車を寝過ごすことではありません。はるかに怖いのは、パソコン睨んでて乗り過ごすことだったりするのです。
事実、過去何回か、やらかしてます。
会場に1時間以上前に入るスケジュールにしてるのは、
もしもやらかしちゃっても何とか間に合うようにするため、だったりもするのです。


posted by kitaori at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月23日

「こぼれネタ(爆笑、後しんみり)」のほうです。

日本最大の秋芳洞を訪れたのが6月2日。同じ週の8日には、大分県の佐伯市に呼んでいただきました。
ここの市役所には、「こんな公務員がいたなんて!!」と心の底から頭の下がる、めっちゃ素敵なお友達がいて、空港までお迎えに来ていただきました。去年の台風で自宅が泥流でたいへんなことになってたのに、休みが取れたら毎年続けている東北復興支援に出かけちゃうような人。かなりの有名人で、もう何年も前から、毎年神戸の勉強会で会ってる人です。(気になる人は「ネコの会」で検索!)
高速で佐伯が近づいてきたとき、車窓からドーンと見えたのが、巨大な採石場。おっと〜!!めっちゃ石灰岩地帯じゃないですか!!!こりゃ、鍾乳洞があるに違いない!!
合併で巨大化した佐伯市は、全国的に有名ではないものの、海山川ぜんぶよいところ…のはず。
はず、というのも、今回は「ついでの観光」は一切考えず、何にも下調べをしていなかったから、よく知らないままだったのです。(講演の翌日は「佐伯市の役に立つようなお手伝いをしたい」と、申し出てました。)しかも、講演が2本立てでまったくの新ネタだったんで、余裕もなかったし。…だったのが、採掘場を見て途端にワクワクし始めちゃったのでした。
「蕎麦でも食べましょう」と連れてっていただいたのが、こんな素敵な景色のところ。
20180608_114832.jpg
日本一でかい水車は故障中でしたが、この川がめちゃきれいで、下流から上流に向かいながら、ああ、ウナギたくさん獲れそう、この辺はアユで、もうちょっと上にヤマメ(アマゴですけどね、地方名はエノハ)だな、みたいなワクワク感。
20180608_120340.jpg
普段料理の写真を撮らないぼくが思わず撮ってしまった、タケノコのお寿司。美しいだけでなく、美味しいんですよ〜。タケノコとは思えない爽やかさで。
20180623_125922.jpg
そして、橋の上流には、オーバーハングの岩壁に遊歩道。見た瞬間に、「あれ?ここ有名ですよね。ぼくの持ってるクライミングのルート集に載ってますよ」と、気づきました。
20180622_112748.jpg
とっくの昔にやめてしまったクライミングの、しかも20年以上前に買った本の、しかもめちゃ後ろの方に載っていた、しかも絶対行かない九州の何県かもわからない、しかもしかもこんな小さな写真1枚を覚えてたぼくがすごいですよね…って、そんな話はどーでもよくて、鍾乳洞。
まさにこの遊歩道の先にあったのですが、残念ながら、去年の台風の復旧工事中で、閉鎖されてました。
閉鎖.jpg

こぼれ話はここからです。
しょげてるように見えちゃったのか、話してくれたのが、近隣に山ほどある洞窟の、知られざるエピソード。
なんと、中で旧石器時代の遺物がちょこちょこ見つかってるのです。それだけでワクワクするでしょ。ヒゲはやして毛皮で肩の出た服でヤリ持ってる姿が目に浮かんだでしょ。暗い洞窟の中、焚き火を囲んで、肉食ってるでしょ?
なんとここで、4、50年前に世紀の大発見があったそうなんですよ。旧石器人の描いた壁画の発見!!!
どえらいことじゃないですか!!!!!スペインのアルタミラでしょ!ラスコーでしょ(フランスでしたっけ?)!!世界中で教科書に載ってて習った、あれに匹敵するものが何と日本にもあったなんて!!!
まさに今運転してもらってる、ほっそい山道がマスコミも殺到して渋滞するくらいの大騒ぎになったそうです。そりゃなりますよね。描かれていたのは、すでに絶滅したオオツノシカで、角の部分が、薄れてはいたものの見事に描かれていたと、別府大学の専門家が鑑定の結果、発表したんですから。
ますます、鍾乳洞が閉鎖されてることが残念でならなくなった、そのタイミングで!!
「まあ本人も言い出しにくかったんでしょうねえ。」
え?     あ?     え、え?    な展開。
3日目のこと、だったそうです、騒ぎになってから。
近所に住むおじさんが、「誠に申し訳ないんですけど」と名乗り出たのは。
ピンとくる人にはピンときますね。かつて、ゴッドハンドと言われた遺跡発掘の第一人者が、事前にこっそり自分で埋めたやつを掘ってたという、あの歴史的ねつ造事件。
でもそんな、腹立たしい事件ではありませんでした。
そのおじさんが小学生の頃、自分の名前を壁に彫ったそーなんです、ひとりで洞窟探検をした記念に。
斎藤逸郎の、斎だか逸だかの上の方が、オオツノシカの角に見えちゃったんですって。
って、鑑定した別府大学の先生、赤っ恥じゃないですか!!の爆笑ネタ。
…なんですけど、一瞬笑えるものの、しんみりしちゃう話でしょ。その時の心理やその後の気持ちを思うと。志の輔さんの落語みたいに、ほろっとさせられるような。いや、事実なだけにより深いかもしれません。まあ誰も、一人も、悪くないですからねえ。

とまあ、そんなこんなな佐伯の旅。
初めてチャレンジした「男女共同参画について」の話も、いちおう無事に北折流に構成できました。夜の部、役所職員や向学心あふれる市民が熱心に聴いてくださった「佐伯人創造塾」のチラシ講座も無事に終えて、これまた尋常じゃなく「こんな鮨屋があっていいんか?」なド変態のお鮨屋さんでマニアックな日本酒を山ほど堪能いたしました。(あ、ド変態というのは、日本酒ラブな人には、最高のほめ言葉ですからね。)
職員が作成する勉強会のチラシが、堅苦しくていかにも行政文書のつまらないものから、翌週には激変したという、うれしい報告もいただきました。(マジビックリの変貌ぶりでした。)
そして、「佐伯のために役立ちたい」との申し出に対して用意していただいたのは、ケーブルテレビの番組の構成へのアドバイス。佐伯人のすごいのは、それを会議室ではなく、わざわざ道の駅の食堂にセッティングしてくれるところです。なんとね、そこに併設されてる淡水漁の水族館が、番匠川にこだわってて、とっても充実してるのです。魚好きのぼくへのおもてなし精神なんですねー。
学芸員さんがまたマニアックな人で素晴らしく、話を聞くだけで楽しかったんで写真は撮り忘れましたm(__)m。
メインの水槽は、水槽に見えてじつは屋外。再現した川の流れを建物内からガラス越しに見る仕組み。ちょっと目を離すとサギがヤマメ(しつこいですが地方名エノハ)を襲いに来るので、しょっちゅう捕まえに行って補充するんだそうです。
そんな地味にすごい名所もありますからね、佐伯。次回は2〜3泊で来たい町でした。
あ、その市役所職員がどんなにおもろい人なのかを示すチラシがありますので、こっそり無断添付しちゃいましょう。いいですよね、宣伝にもなるんだから。0001.jpg
このベロ出してる人がそうです。これは、ぼくの手が一切入っていない、山形の知らない人が作ったものです。公務員が作った「食育講演会」のチラシとは思えないでしょ。いるんですね、あちこちに素晴らしい人が!!!
posted by kitaori at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 罪滅ぼし、ツアー記

2018年06月22日

「自称・鍾乳洞好きからの報告。&爆笑、のちしんみりの、こぼれネタ。」


長年の懸案であった、山口の秋芳洞に、ついに行くチャンスを得ました。
多くの観光客は、@白い岩と草原の秋吉台を展望台から眺め、A数分間散歩をして、B秋芳洞を一通り見て終了、だと思いますが、それじゃなんとももったいない!!!ノンノン!!な感じです。
なので、「マニアック」とまではいかない、「軽いツウ」な感じの楽しみ方をご紹介しますねー。(レンタカー使用を想定してます。) これから行かれる人の楽しみを奪っちゃわないよう、細かな描写は避けときますね。と言いつつ、今回もやや長文化しそう。。。

1.秋吉台(有名なんで写真無し)
 着いたら真っ先に展望台に上がって全景を見たい、という衝動を抑えるのは困難なので、とりあえずそうしてください。ここでのおすすめは、ボランティアガイドさんに一声かけることです。人によっていろいろだそうですが、ぼくの場合は、一見全くそうは見えないけどマニアックなおばあちゃんが、どうわああああ〜〜〜っと怒涛のように説明してくれるのが、とっても素晴らしかった!!自然のことだけでなく、「戦後史」もとってもおもしろいのです。近隣のおすすめスポットも丁寧に教えてもらえます。
で、そのあとすぐに散歩…したい気持ちをグッと抑えて、すぐ近くの無料の「秋吉台科学博物館」に。ここは必ず、無理やりにでも散歩欲求を抑えた方がよい!!ぼくはそれができなかったことを後悔しています。
先に博物館に行くと、歩くときに見える景色がまったく変わりますから。岩肌の見え方も変わるし。そして、なんといっても、「地下100メートル」を想像しながら歩けるし。
でね。こんな展示がゴロゴロあるんですよ。
20180602_122907.jpg
この広大な野っ原をサイやらゾウやらトラが歩いてたと思って歩くのとそうでないのでは、全然ちゃうでしょ。
20分くらいの無料の映画は、声を掛ければ一人でも見せてもらえます。古い作品で、目の肥えた人には少々もの足りない構成ですが、空撮映像で全体や周辺集落が見えるのがキモ。やはり歩く時の視点が変わります。時間があればぜひ!

2.次は、大正洞
 秋芳洞の前に行っとかなきゃ。梅雨入り前の緑の美しい観光ベストシーズンの土曜日なのに、なんと完全に独り占め。立派な鍾乳洞まるまるひとつに、最初っから最後までずっと自分一人。「ちょー」が5つつくほどたまりませんぜ。まだ若い洞窟なので、インスタ映えしそうなカッコイイ鍾乳石はないのですが、受付から洞窟までのアプローチと、帰り道のコース取りがいいんですよ。原生林に苔むした岩とかね。帰りに、「名残惜しんでくださいね」的な岩くぐりが配置されてる、心配りがすばらしい。
20180602_133339.jpg
しかもね、懐中電灯貸してるんですよ。誰にも邪魔されずに自分で好きなところを照らして覗き見る感覚も、素敵なのですわ。なんで誰も来ないのか不思議なくらい。秋芳洞しか行かないなんておばかでちゅねえ、みんな。な感じ。

3.ここまで来たら、景清洞(かげきよどう)。
 ヤバいんですよ、ここがまた。秋吉台と大正洞で時間を使いすぎちゃったことが、マジ後悔。仕事さえなければ、次の日にまた出直してきたのにい(泣)。せっかく来たのに、この鍾乳洞の一番のお楽しみを、味わえなかったのです。徒然草の「仁和寺のぼーさん」的な感じ(あの、「山までは見ず」としてバカにされた僧のことですね)。20180617_200601.jpg
まそれでも十分なほどなんですけどね。なんてったって、巨大空間。一見しょぼそうなのに、想像つかないほどでかいのです。巨大1枚岩の下に神社に車道?と思うほどの道。しかも奥がまたドカーンと広くて、全行程完全バリアフリー、車いすで行って帰って来られるのです。石垣で護岸された川沿いのコンクリートの道を歩くんで、興もそがれるかと思いきや、大正洞とは全然違う、日本でも指折りの空間の巨大さが、それを許してくれちゃうのです。こんな巨大洞窟に、ぼくのほかにはカップルが一組だけ。ほぼ独り占めみたいなもんです。
スケール感がわかりにくいので写真は載せません。
でも1枚だけ。最奥部にはこんな看板が。
20180602_142756.jpg
「一般観光コース終わり」。
そして奥にポツンと見えてる灯りの上部には、ぼんやりと「探検コースはじまり」。
そう、「山までは見ず」が、まさにここなのです。照明なし完全漆黒の天然洞窟を、案内も無しに自分らだけで進むコース。サンゴ天井にカスリ天井、ミニ百枚皿など、魅力的な名前の着いた地点が目白押しの60分コース。
サンゴの化石もたくさんあるそうです。子どもが腰をかがめるほどの低い天井にジャバジャバと水の中を通るところもあるみたい。ああ、もうなんで時間がないかなあ(泣)。何といっても、受付で長靴とヘッドランプ付きヘルメットを借りて軽く説明聞いたら、「あとはご自由に」なほったらかし感が素晴らしいです。
なんかね、この闇が、「現世、ここまで」みたいでしょ。そして奥には「魔界に向かうバス停」みたいな。ここに、ポツリと一人でいるだけで、ゾクゾクしちゃうのです。
あ、お子さん連れの人は、すぐお隣に遊園地もキャンプ場もサファリランドも温泉もあるので、一泊がマストですね。

4.子どもの頃から来たかった、秋芳洞
 いよいよメインイベント。ここはね、秋吉台のところからエレベータで向かう入り口もあるのですが、絶対にぐるっと回って、正面から入ってください。駐車場は近づくにつれて100円ずつ高くなりますが、安いところ(100円)でも十分近いです。
20180602_150646.jpg
古い観光地的なお土産商店街を通って、気持ちのよいせせらぎの森の道を少し歩いたら、いきなりどどーん!!と。
なんか湖南省?四川省?な感じもするほどのスケール感。中から川が流れ出ている構造は、景清堂と同じですが、巨大岩壁の中から滝、ですからねえ。もちろん中もすごいですわ。
子どもの頃からきれいな鍾乳石の写真ばっか見てたから全然知らなかったけど、むしろすごいのは、景清堂からまた何倍も膨らんだ巨大空間ぶり。春休みに行ったベトナム(マジ、ハンパない!)ほどではないにせよ、ベトナム行かないなら絶対外しちゃいけないレベル。もちろん国内最大です。でかいです。ま、ここは有名なんで、それ以上の説明は要らないですね。ちなみに、この青い池には、巨大な魚が泳いでます。さて何でしょう?
20180602_150731.jpg
…てなわけで、どーせ行くなら、やっぱ絶対この順番がおススメだな。さすがは、石灰岩地帯です。
おばあちゃんガイドイチ押しの「銅山」と、地元の美人保健師さんイチ押しのパワースポット・別府弁天池には行く時間がなかったのが、今回の心残りです。秋吉台にはいくつか登ってみたい小山も点在してるしね。まあまた次回!!

あ、こぼれネタ忘れてた。
じつは同じ週に出かけた大分県佐伯市の話です。
ここもまた、巨大な石灰岩地帯で、
あ、やっぱ長いんで明日か明後日また。
posted by kitaori at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記